bijin
RSS | ATOM | SEARCH
400円の入場料だけの事はある京都八幡市「松花堂」広いし見所もありすぎ

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

今日は先日のブルームボックスの冒頭でもご紹介しました、京都八幡市「松花堂」のご紹介です。

 

 

 

この松花堂と言う場所はですね、正直私もよう知らなんだ。

 

「なんえ?庭園があるの?」それぐらいでね。おまけに入るのに400円ほどかかるし、何でたかだか庭を見るぐらいでお金いるねん、みたいに思ってました。

 

しかも中には美術館もあるらしくそこはまた別料金でね「どんだけお金とるねん?」みたいに思ってました。なので地元に住んではいるんですが、行こうという気になった事もなく。

 

せいぜい前でフリマやる時に行くぐらい。

 

それが先日のの天皇陛下の即位礼正殿の儀の祝奉とかで無料公開されてましてね。それも、たまたま前を通ったら無料やったのです。ラッキーとばかりに写真やら動画を撮ってまいりました。

 

 

 

とりあえず動画がこちら。無料公開と言う事で園内は人がいっぱいで、どちらかと言うと池の鯉がメインとなっておりますが、それでも広い庭園内の様子が分かるかと。

 

 

 

でまあ、こちらのブログでも少し簡単に書かせていただきますと、もう本当に兎に角広かった。道順も途中で分からんくなる感じ。

 

そして庭園内は3つの茶室に泉坊書院、草庵とナンだか分からない建物もあり。その上に水琴窟やら女郎花塚やらあって、見所もありすぎる。

 

 

 

そして、やはり庭園言うだけの事はあり本当に美しい日本庭園。

 

 

 

どんどん奥へ進むと美術館もあるんですが、その前が広場みたいになっててイスなども設置されており、一休みできるふううになってました。この大きな木は梅か桜?花の時期はさぞかし美しいやろうなあと。

 

しかし10月の現在はただの木やなぐらいの・・・。

 

 

 

あと竹も多かった。やっぱ日本庭園に竹はつきもんなんやろうな。

 

その竹で作られた?生垣も本当にいっぱいあって、それも種類が多い。たかが生垣やけど侮れないですよ。

 

 

 

そして個人的にはやはり鯉のおった池が素晴らしかった。

 

泳いでる鯉も美しかったけど、池が細長く園内にあってね。水が流れてるねん。水も割りと澄んでて手入れされてるんやなぁ言うのが分かります。

 

こういう一角なんか山の中の池みたいな風情。

 

 

 

でも、松花堂のすぐ横は大きな通りで車がブーブー走ってるのよ。

 

なんだか本当に世間から隔離された一角みたいな感じで、400円の価値はあるわ〜と今回実際に見てホンマ思いました。

 

八幡市の松花堂ってどないやねん?みたいに思ってる方にはおすすめしますわ。庭園とかお茶室とか錦鯉とか和の好きな方が行かれたら興味深い思います。

 

インスタ映えする場所も多いですわ。

 

因みに私の京都府八幡市のインスタがこれ→ mofuriko です。

 

今回の松花堂の別フォトなどもありますんで、良かったら見て下さい。

 

 

あとですね、松花堂庭園は本当に広いので時間の余裕を持って行かれるのをおすすめします。じっくりと見ようと思うと1時間ぐらいでは到底無理。美術館もついでになんて方はもっと時間が居るわ。

 

と言う訳で松花堂からお届けしているブルームボックスを見ていない方はこちらも、どうぞ。

 

 

 

 

 

そして松花堂のすぐ近くにある八角堂がこれです。ポツンとあるだけですが、最近塗り替えられたらしく見た目はとてもキレイ。インスタ映えもします。松花堂に行かれた際にはお立ち寄りを。

 

 

 

 

こちらは松花堂の近所の和気神社、見晴らしがよくて此処もおすすめのスポットです。八幡市に来られた方は行かれるのをおすすめします。

 

 

 

そして有名な石清水八幡宮がこちら。お年始の人の多さは他の比ではありません。

 

 

 

そして和気神社のすぐ近くにある交野天神社。ここは八幡市では無いのですが、本当に近くでしかも神社通さんからは隠れたパワースポットとして人気の場所。

 

その歴史も古く1500年以上です。

 

八幡市に来られた際は是非立ち寄られるのをおすすめします、本当に御利益もいただけます。

 

 

 

 

author:papinen (mofuriko), category:京都 神社仏閣, 14:29
comments(0), trackbacks(0), - -
京都府八幡市の和気神社 鳥居が可愛くて背の高い私はギリギリの感じでした足立寺史跡公園も楽しい

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

 

今日は京都府八幡市にある和気神社のご紹介です。動画内でも言ってますが、ここは我が家からチャリンコで10分もかからんとこです。しかも足立寺史跡公園なんてのもあって、ビックリ。

 

見晴らしも良いので、天気の良い日などには散歩がてらにお子さんと一緒に行かれたり、運動がてらにグルリと廻られるのもおすすめです。先ずは動画を。

 

 

 

 

でまあ、こちらのブログでもサクサクと補足しますと、先ずは入り口がどこやねん?みたいな感じなんですが、一番分かりやすいのは西山和気の交差点の坂を上る行き方かな思います。

 

和気神社に行ってしまえば、ああこっちからも降りれるわみたいな。

 

そんな和気神社は最近作られた言うか、新しい感ありありでピカピカです。でも、それだけにキレイにされてますわ。

 

そして一見の価値があるのは鳥居、あとで参道がコンクリートにされたせいかとても小さく感じましたが本殿と違って歴史をすごく感じます。しめ縄って言うのかな、それもボロボロでさらに古さを感じましたわ。

 

和気神社

 

 

個人的に面白いなと思ったのは神社の手を洗う場所ね、手水舎ってのかな?そこが水道がひかれててね。

 

まさしく水道の蛇口が見えるねん。

 

和気神社

 

 

いや、もうなんだかな・・・・みたいにも思いましたが、ご本殿は立派です。

 

和気神社

 

 

和気清麻呂公をお祭りされてるんで、狛犬もイノシシです。

 

ここでいろんな神社に行かれてる方は御所の横にある護王神社を思い出される思いますが、そうです。護王神社と同じ和気清麻呂公がご祭神です。

 

なんでも、ここは和気清麻呂公の生まれた場所にあたるそうで、栄転みたいな形で御所のほうに行かれたみたいです。そんな和気清麻呂は足腰の神様ってことで、護王神社のほうへ行きますともうお年寄りがいっぱいで、観光バスも何台も横付けされ本当にすごい。

 

その理由は何でも足を切られた和気清麻呂公がイノシシに出会い足が癒えたと。

 

なので足腰に神様、足腰の悪い年寄りいっぱい、そして狛犬は必ずイノシシ。

 

御所のほうは人でいっぱいやけど、こちらは本当に静かでほとんど人も居ないのでゆっくりと参拝できます、そして勿論ご利益もあります。

 

なぜならば、行ってる時にお天気やのに雨振ってきたし、家に帰ってきたら嬉しい事もあった。民家の中にありながら壊されずに残ってる、それこそ神パワーがあるからよ。新しい本殿も神様は喜んでるんやろうなぁ思いました。

 

そしてお参りの人がもっと沢山来たら神様はもっと喜んでくれる、思いました。なので近くへ行った際などは是非行かれて下さい。

 

和気神社

 

 

すぐ前にある足立寺史跡公園も広くて見晴らしがええです。

 

ベンチも置いてあるから休憩も出来るし木もいっぱいあるから自然も楽しめる、そして見晴らしがええです。くずはが一望できます。ちょっとエエ感じやねん。

 

そして神社大好きの方には、ここから歩いて10分ほどのところに交野天神社に行けます。

 

そちらも鬱蒼とした森の中にある神社なんですが、知る人ぞ知る超スピリチュアルパワーのある神社です。ご利益もすごいですわ。

 

こちらが交野天神社の動画です、最後のほうに上からコトン言うて何か?落ちてきてる映像あります。どうぞ神パワーを感じて下さい。

 

 

 

 

 

そして関連動画として八幡市の飛行神社も。

 

ここは「飛」のお守りがカッコいいのよ。

 

 

 

 

 

 

 

author:papinen (mofuriko), category:京都 神社仏閣, 16:04
comments(0), trackbacks(0), - -
京都の隠れたパワースポット御利益満載の白雲神社(御所の弁天さん)

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

今日は初巳の日にちなんで京都は御所の弁天さん、白雲神社のご紹介です。

 

御所白雲 (76).JPG

 

 

11月に出町の弁天さん妙音堂(清龍妙音弁財天)に行きまして、物凄いご利益をいただきました。ビックリするぐらい良い事ありまして本当にご利益ってあるんだ〜と実感した私です。弁財天って本当に凄いパワーを持ってるんやなあと。

 

そこで他に弁財天を祀られてる神社がないんかい?と調べましたら、あるやん。

 

それも出町の妙音堂のすぐ近く、御所の中。

 

御所言うたら何回も行ってるけど、あんなとこに神社があるとは知らなんだ。それも3つもあるねんか。知らんかったわ〜。兎にも角にも行ってみようとなり、早速行きました。

 

御所に行った事の無い方はご存じない思いますが、もう御所ってのは本当に広すぎる場所でね。神社も全くどこにあるか分からん、なので御所内地図で場所をチェックしながら行った言う感じです。

 

そしたら、いきなり結婚式。

 

yukio1218 002.JPG

 

 

さすがは御所。

 

どんどん行くとまた結婚式の写真を撮ってはる。

 

yukio1218 004.JPG

 

幸せのおすそ分けいただきました、ありがとうございます。

 

そして、さらに進むと見えてきました白雲神社です。どんつきにあるのが入り口です。それにしても御所って広いでしょ?

 

yukio1218 010.JPG

 

 

おお入り口と思って入ったら、

 

yukio1218 013.JPG

 

 

こっちにもちゃんとした入り口があった。

 

とても立派よねえ。良い感じ。

 

yukio1218 015.JPG

 

 

先ずは、何を言うても手を清めてお参りせねばばりません、手を洗おうと思ったら椿の花が浮かべられておりました、なんて素敵。さすがは女性の神様を祀られてるだけの事はある。

 

お参りして、境内をいろいろ散策させていただきましたが、弁財天と言うと白蛇なので至るところに白蛇が居られます。

 

そして本殿の裏には薬師石と言うパワーストーンもあり。

 

御所白雲 (53).JPG

 

 

この石をさすって、自分の身体の悪いところをなでると病気が平癒するような事が書かれてました。このパワーストーンは素晴らしくパワーを持ってるそうで、ご利益をいただけるようにと私もさすって来ました。

 

そんなパワーストーンの柵の向こう側では写真家の方が野鳥を撮ってられました。こういうとこも御所らしい。

 

そして、ご朱印は弁財天を祀られてるので琵琶が。楽器のご朱印ってのは個人的にとても嬉しいです、そして絵馬も弁財天様や遣いの白蛇が描かれてて良い感じ。もう至るところに弁財天と白蛇やな、みたいな。

 

そんな白雲神社のご祭神はイチキシマヒメ様。

 

同じ弁財天を祀られてる出町の妙音堂は弁財天とあるだけで、イチキシマヒメ様のお名前は無かった。同じ弁財天を祀ってる神社でもビミョーに違うんやな、みたいな。

 

そういや市比賣神社のご祭神がイチキシマヒメ様やと思い出した。市比賣神社も実は私、物凄くご利益をいただいたのです。ほう〜私は弁財天とイチキシマヒメ様と相性がええのかもしれん、そんな事を思いました。

 

と言う訳で、京都は御所の弁天さん 白雲神社の動画です。どうぞ興味の出た方はのぞかれてみて下さい。

 

 

そして私は今から、初巳の日と言うことで弁天様に初詣も兼ねてお参りにまいります。巳の日に弁財天にお参りすると願いを白蛇が届けて下さるのでね。何か特別な事がありましたら、またブログでお知らせしたい思います。

 

そして巳の日はお財布を買うのにもとても良い日と言う事で載せておきます。実は私も次回の己巳の日にお財布を買おうと検討中であります。

 

開運「白蛇財布」

 

 

そして、こちらは開運カレンダーです。どうぞご参考になさって下さい。

 

 

 

 

author:papinen (mofuriko), category:京都 神社仏閣, 08:00
comments(0), trackbacks(0), - -
大安巳の日に弁財天にお参り 思いもしないご利益と金運アップに本当にパワーを感じた

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

今日は、大安巳の日に弁財天様にお参りさせていただいたのですが、本当にご利益と金運アップを感じましたので、そのご紹介です。そして、こちらが弁財天をお祭されている京都出町柳の妙音堂です。

 

yukio1122 027.JPG

 

先日なんですが何気にダイレクトメールを見たら『本日は大安巳の日、とても良い日です』みたいな事が書かれてまして、へえ〜思いました。あんまりこういう事を知らないのでいろいろ調べますと、巳の日ってのは弁財天様に縁のある日らしいのです。

 

なんでか言いますと弁財天は白蛇を遣いとして使われるそうなんです、なのでそんな巳の日に弁財天にお参りすれば神使の白蛇が願いを神様に届けてくれると。

 

さらに巳の日は金運、財運に吉日の日、それが大安巳の日ともなるとさらに巳の日はパワーアップ。

 

より金運アップのご利益がいただけるとネット上に書かれてまして『これは是非とも弁財天へお参りせねばならん!』となったんですが『弁財天の神社ってどこ?』そうです、弁財天を祀ってる神社やお寺など全く知らない私。

 

そこでネットで弁財天を検索しましたら幾つか出てきました。

 

その中にあったのが、京都出町柳の青龍妙音弁財天(通称 妙音堂)ここはいつも前を通っていた神社。ただ通っていただけなので、まさかこんなところに弁財天を祀ってる神社があったとは?!本当に知りませんでした。

 

兎に角、この妙音堂ならば場所も分かるし、自宅からも近いと言う訳で早速行ってまいりました。

 

大安巳の日に行ったからなのか?赤と青の幟がいっぱいたってます。

 

yukio1122 001.JPG

 

 

そして向こうに見えるのがご本殿です。

 

そんな本殿アップ。

 

妙 (12).JPG

 

こんな中を見せてくださる神社は少ない思います。太鼓やらお花やら白蛇の置物や絵などが置いてありました。女性の神様らしい華やかさも感じられます。

 

そしてお参りをしてから境内を散策。狭いようで意外と奥行きのある境内、お堂などもありました。この境内の様子はこちらの動画を見ていただく方が早い思います。どうぞ興味の出た方のぞかれてみて下さい。

 

 

また奥には豊川稲荷神社が。この写真では分かりにくいですが立派な鳥居が3本も建ってます。ご利益いただいた方が奉納されたんかなぁ思います。

 

yukio1122 006.JPG

 

そしてご朱印やらお守りをいただける所謂、社務所。おみくじなどもあります。

 

yukio1122 016.JPG

 

 

そんな出町柳の妙音堂のご朱印は貼り付けタイプなんですが、美しい弁財天様が描かれています。そしてハンコは琵琶に白蛇とこちらも弁財天らしいモノを感じました。

 

素敵な美しい御朱印です。

 

妙音堂 (37).JPG

 

 

あと素敵なお守りもあったのでいただいてきました。

 

まあ、いつもどうりのお参りで帰宅したんですが、帰宅してからの翌日からが本当に凄かった。毎日毎日小さいご利益から大きいご利益まで一杯戴きました。

 

中でも仕事関係のご利益は本当に嬉しかった。

 

パワースポットとか金運アップとか言うけれど、そんなん本当か?みたいな感じで、あまりそういうのは感じた事が無かっただけに、今回の出町柳の妙音堂さんのパワーは私の中で本当に特別になりました。

 

たぶんですが私がギターを弾き音楽活動等もしており、またyoutuberとしても動いておりますので、弁財天様からよりご利益いただけたんかなあとか思ってます。

 

yukio1122 009.JPG

 

 

そんな妙音堂さん、ご利益を沢山戴いたのでお礼に行かねばならんとなりまして、12月17日に再び行ってきました。私としては特別にポチ袋にお札を入れて持って行き、賽銭箱に入れました。

 

いつもは賽銭箱には5円程度なんです、お札なんか入れたの初めて。←スゴイ

 

賽銭箱にお札を入れてから目についたのが、正月前と言う事でお正月用の御餅を弁財天と豊川稲荷にお供え出来るんですね、そのお金が2000円也。

 

「あ、くっそ、どうせやったら御餅をお供えしたかった〜」と思ったけど、まあいいわ。また来年もあるし、また機会あれば行けばいいわ〜なんて思ってたら昨日も今日も続けてご利益いただいた。

 

これは年末までに是非とも御餅のお供えの為に行かねばならん、行かねばならん。

 

youtuberから始めた神社のお参りですが、さらに深みにはまってしまいそうです。2019年はそんな一歩深みにはまった神社シリーズお届け出来るかと思います。

 

そんな私のYoutube神社シリーズは、こちらのページの一番下の神社仏閣のところにあります。良かったらこちらものぞいてやって下さい。

 

youtube mofurikoちゃんねる

 

 

author:papinen (mofuriko), category:京都 神社仏閣, 14:30
comments(0), trackbacks(0), - -
おみくじマッチは製造中止で無く残念 京都は熊野若王子神社

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

今日は先日行きました、京都は熊野若王子神社のご紹介です。

 

yukio0919 029.JPG

 

 

この神社は「おみくじマッチ」と言う可愛いおみくじがあるのを知って行ったんですが、製造中止でもうありませんでした。神社の方のお話によりますと、マッチの先の火薬の部分って言うんですか?先の部分ね、あの色がもう出せないと言う事で製造中止になったそうです。

 

とても残念でした。

 

そんな熊野若王子神社は京阪三条駅から自転車で行きました。三条京阪の地下から上にあがりますと、すぐ横にレンタサイクルがあるのです。1日乗り放題で1000円。

 

バスや車でも行けますが、京都の市内と言う場所はチャリンコが超便利です。渋滞もなんのその、行きたいとこへスイスイ行けるチャリンコは本当に便利です。そんな自転車を使いますと、熊野若王子神社も三条京阪からは15分足らず。

 

永観堂を通り過ぎ、こんな民家のとこ行くの?のレベル普通の民家の間をチャリンコで行きますと、あっと言う間。

 

yukio0919 027.JPG

 

 

この写真などは木が生い茂ってるし、どんな山の麓やねん?みたいに思いますが、すぐそこに民家があるから、本当に山と民家の間にある神社みたいな、そんな熊野若王子神社です。

 

ついでに哲学の道の最終地点の場所でもあります。

 

そう、だから哲学の道を歩いて来たであろう外人がいっぱい居ましたが、誰も熊野若王子神社には行かず、そのまま民家を通って帰って行く・・・・・寂しいなぁ思いました。熊野若王子神社へ行く外人も居ましたが道を尋ねに行ってる感じでね、誰もお参りもしなけりゃお守りもおみくじにも見向きもせず。

 

movie 035.JPG

 

 

でも、さすがにチラホラ来てる日本人の方は、お参りされてました。

 

yukio0919 011.JPG

 

 

立派な境内よねえ。

 

yukio0919 015.JPG

 

 

そして山の麓にある神社なので、木が本当に沢山生い茂って緑が綺麗です。ただ、私は関西国際空港が水びたしになったあの台風の後に行ったので、けっこう台風の後がまだまだ残ってました。折れた木等が、まだ散乱してる部分ありました。

 

そして授与所。

 

movie 042.JPG

 

 

おみくじマッチの事は、ここで聞きました。色が出せないと言うのが本当に残念やなぁ思いました。他の方もおみくじマッチについて尋ねられてました。けっこう「おみくじマッチ」は有名やったんやなぁ思います。

 

でも、せっかく来たし、と他のお守りやらおみくじをゲット。

 

movie 040.JPG

 

 

ヤタガラスのおみくじは、日本語のと外国語のがありました。哲学の道を通って来る外人用や思います。へえ〜面白いなと思ったので両方買いました。あと、とても綺麗で美しい梛御守りと吉報御守りもいただきました。折角来たので、お金は奉納せなあきません。

 

ついでにちょっと書きますと、梛御守りの中には境内に実際にあるご神木の梛の葉と大黒様が入っておりました、こんな素敵なモノが入ってるのはとても珍しいです。通常はたいがいお祈りされた紙切れが1枚入ってるだけですから。

 

購入した御守りやおみくじは下にある動画内により詳しく出てきますので、興味のある方はのぞいてやって下さい。

 

そしてご朱印もこちらでいただく事が出来ます。

 

kyoto 023.JPG

 

 

とても可愛らしい若い巫女さんが丁寧に書いて下さいました。ご朱印を集めてる男子の方々、なかなかここ穴場で良いですよ。

 

そして、こちらが境内の中にある休憩所。

 

movie 029.JPG

 

 

なんか雑然としててより寂しいわ・・。

 

お金無いんやな、と言う雰囲気が顕著に現れ出てますな。でも、さすがに女性の巫女さんが居られるだけあって、掃除等はキレイにされてます。

 

そして若王子神社の背後には滝があると聞き知っていたのですが、どこやねん?と本当に探し回りまして、ありました。

 

この奥です。

 

kyoto 052.JPG

 

 

なんで、そんなに滝が見たかったのか?と言いますと、後白河法皇を始めとする沢山の修験者が身を浄められた滝と言う事で、勝手に歴史ロマンを感じたんです。

 

なんか鬱蒼としたこの木々が生い茂る中、歴史ロマンを求めてズンズンと進んでいきますと、恐ろしいモノを見ました。人間一人がゆうに入る事の出来るイノシシを捕獲する檻の罠。ものすごくデッカい檻で本当にこんな大きなイノシシが出るのか?と思うと怖くなりました。

 

そして注意書きの看板もありそこには、「女性一人歩きはやめて下さい」の文字。

 

でも、その奥には滝があるのよ。

 

kyoto 053.JPG

 

 

滝よ〜。

 

見つけた時はちょっと感動したわ。

 

でも、この場所はなんと言うか本当に神がかった場所でもありました、雰囲気が怖いを通り越して異次元みたいな感じがありました。蚊もぶんぶん居ていっぱい刺されたけど痒みも腫れも無かったし。

 

おまけに台風の後で、ここも折れた木やら枝が散乱してましたわ。でも発見、滝が落ちて流れる川には沢蟹が。

 

kani11.jpg

 

 

沢やら小川と言った水が好きなので水があると必ずのぞく私です、この時も沢を見てましたら動くヤツがおるねん。目悪いけど、ようく見たら蟹やった。

 

蟹はスピリチュアル的にとても縁起の良い生き物なので、とても嬉しいです。

 

なんか、ありがとう、と言う気持ちになりました。私的にはとても素敵なそして異次元空間をも伴った熊野若王子神社でした。どうぞ興味の出た方、こちらの動画ものぞかれてみて下さい。

 

 

 

 

author:papinen (mofuriko), category:京都 神社仏閣, 09:09
comments(0), trackbacks(0), - -
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...