bijin
RSS | ATOM | SEARCH
京都八幡市の狩尾神社 家康の側室お亀さんが尽力された神社です動画つき

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

今日は我が家からチャリンコで15分ほどの所にある狩尾神社のご紹介です。

 

 

 

こちらの神社はいつものように住宅地のド真ん中にあるんですが、どんどん山が削られ住宅が建ったけど神社だけは残ったみたいな感じのとこです。

 

なので神社は通称プリン山と呼ばれる山のてっぺんにあります。が、その小さいプリン山自体はコンクリートで覆われ塗り固められ、ちょっと異様な雰囲気。

 

また神社への階段はこれでもか!ってぐらいの急こう配、しかも上るにつれて足元のコンクリのヒビ等が目に入り、また手すりのみで柵も無い階段はある意味ホラー。

 

 

 

そんな神社の歴史はとても古く、平安初期に建てられたそうなんですが1374年に焼失。

 

現在の狩尾神社のご本殿は1601年に造営されたもので(石清水八幡宮の中では最も古い社殿 重要文化財)いろいろと調べますと、八幡宮の祀官家である田中氏の分家が同じく八幡市内の正法寺になるそうで、その正法寺の娘さんが家康の側室になったお亀さんと言う方らしく、当時随分と狩尾神社にご尽力されたそうです。

 

現在のご本殿はつまり400年ほど前のもの、はっきり言ってもうボロボロで今にも朽ちそうですが、令和3年〜5年にかけて修理工事されるそうです。新しくなったら是非ともまた行きたいな〜と思っております。

 

昔はお正月にお参りに行きますとお神酒を配られたりしてました、またくずはで花火大会があった頃は、この狩尾神社の階段から見ました。懐かしい思い出です。

 

そして、こちらが狩尾神社の動画になります。どうぞ興味の出た方のぞいてやって下さい。

 

 

 

 

こちらも近所の猿田彦神社、神が降臨した岩なんかがあったりします。

 

 

 

同じく近所の鏡伝池の動画です。

 

 

 

 

こちらも近所の和気神社です。公園が併設されてて広い広場みたいになってます。お子さんと行かれたらちょっと楽しいですよ。

 

 

 

author:papinen (mofuriko), category:京都 神社仏閣, 11:38
comments(0), -, - -
京都八幡市の猿田彦神社 こんな所に神が降臨される神聖な場所があったとは知らなんだ

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

今日は我が家からチャリンコで10分ほどのところにある猿田彦神社のご紹介です。

 

 

 

近所でありながらこの猿田彦神社は実は全く知らなかった神社でして、こんなとこにそんな神社があるんかい?みたいなノリで行きましたよ。

 

そしたら当たり前ですがちゃ〜んとあるんですな。それも住宅街のど真ん中に。因みに前は畑になってました。そんな猿田彦神社の全貌が分かる動画がこちら。

 

 

動画を見ていただいた方はお分かりと思いますが、境内も境内の森も本当に小さい。猫の額とは言わんがそれに近い感じの神社ですわ。そして、そんなこじんまりとした中に、何これ?みたいな岩があります。

 

動画にも出てきたけど、これね。

 

 

 

これがですね岩倉と言うもので、境内にありました由来等から抜粋しますと「境内の森には大きな宮がありこれを岩倉と夫婦岩と称している。岩倉とは神が降臨される神聖な所である」とこんな風に書かれてました。

 

もう何だか猿田彦神社に岩倉とか夫婦岩とかあって、一体どういうつながりがあるの?みたいな。

 

正直サッパリ分からない。

 

そこでいろいろと調べていきますと、この京都八幡市の猿田彦神社と言うのは、なかなか「へえ〜」みたいな由来がありまして、八幡大神が男山に上る際にお迎えしたのが猿田彦神。

 

なんで迎えに行く必要があるねん?と思いますが、やはり現代でも高貴な方はお迎えに行ったりしますから、神様も同様なんでしょうな。そんな八幡大神を出迎えた場所がこの猿田彦神社が現在ある場所。

 

 

出迎えた場所が神社になるの?と言うぐらい八幡大神はすごい神様なんや思います。

 

そして猿田彦神はものごとの始まりにおられる神様で、ものごとが良い方向に導いて下さる神様でもあるそうです。だから猿田彦神が出迎えたんだみたいな。

 

そんなふうに考えるとだんだんと分かってくる岩倉と言う岩、つまりは八幡大神が降臨されたんやなと。

 

これが嘘か本当かは本当に分からないけれど、でもそんな大昔の出来事がず〜っと神社としてまた由来として残っているのはやはり大きなパワーがこの場所にあるからやと思います。

 

その証拠にお祭り等もあるみたいで境内の中の建物には新しいお神輿やら提灯やらがいっぱいありまして氏子さんが沢山居られるんやなあと思いました。

 

また住宅が隣接してるような感じも逆に地域密着しながら残ってる雰囲気があり、ええ感じやなとも思いました。本当に小さい境内ですがなかなかその内容は濃い京都八幡市の猿田彦神社でした。

 

あ、そうそう、ついでに書きますと、本殿と岩倉と夫婦岩に日本酒をお供えしてきたんですが、3本の日本酒を置いた途端にお天気雨いっぱい降ってきましてね、なんだか神パワーを本当に感じました。

 

ものごとの始まりに居られる猿田彦神は良い方向に導いて下さいます、新年始まったとこですし、今からでも行かれてみて下さい。また新しい事を始める時にもいい思います。お酒などを持って行かれますと、さらに神様は喜んで下さいますよ。

 

 

 

猿田彦神社から5分ほどの場所にある和気神社、こちらは公園も隣接されてまして、ちょっと休憩などしながら楽しめる一角です。

 

 

 

 

こちらも猿田彦神社から5分ほどの場所にある交野天神社、広い境内と森に圧巻されます。そして立派な本殿!鳥居も瓦が乗ってて物凄く珍しい。まさしく、こんな所にこんな神社があったとは?のノリです。そして神社ガールの間では超パワースポットとして有名な神社でもあります。

 

 

 

 

交野天神社から5分ほどのところにある枚方市民の森(鏡伝池)です。こちらはとても広い公園。無料で楽しめます。冬の動画なので野鳥がメインとなっておりますが、夏場は地下水がくみ上げられ小さい子供が水遊び出来るようにもなってます。ご家族で行かれると無料でちょっと楽しめます。

 

 

 

 

 

そして皆がここなに?と思ってる赤い建物「泥松稲荷社」中は超神秘、畳とか普通にあって・・でも本殿もあるねん。なんだか異世界よ。一見の価値ありあり。

 

 

 

 

author:papinen (mofuriko), category:京都 神社仏閣, 10:22
comments(0), -, - -
400円の入場料だけの事はある京都八幡市「松花堂」広いし見所もありすぎ

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

今日は先日のブルームボックスの冒頭でもご紹介しました、京都八幡市「松花堂」のご紹介です。

 

 

 

この松花堂と言う場所はですね、正直私もよう知らなんだ。

 

「なんえ?庭園があるの?」それぐらいでね。おまけに入るのに400円ほどかかるし、何でたかだか庭を見るぐらいでお金いるねん、みたいに思ってました。

 

しかも中には美術館もあるらしくそこはまた別料金でね「どんだけお金とるねん?」みたいに思ってました。なので地元に住んではいるんですが、行こうという気になった事もなく。

 

せいぜい前でフリマやる時に行くぐらい。

 

それが先日のの天皇陛下の即位礼正殿の儀の祝奉とかで無料公開されてましてね。それも、たまたま前を通ったら無料やったのです。ラッキーとばかりに写真やら動画を撮ってまいりました。

 

 

 

とりあえず動画がこちら。無料公開と言う事で園内は人がいっぱいで、どちらかと言うと池の鯉がメインとなっておりますが、それでも広い庭園内の様子が分かるかと。

 

 

 

でまあ、こちらのブログでも少し簡単に書かせていただきますと、もう本当に兎に角広かった。道順も途中で分からんくなる感じ。

 

そして庭園内は3つの茶室に泉坊書院、草庵とナンだか分からない建物もあり。その上に水琴窟やら女郎花塚やらあって、見所もありすぎる。

 

 

 

そして、やはり庭園言うだけの事はあり本当に美しい日本庭園。

 

 

 

どんどん奥へ進むと美術館もあるんですが、その前が広場みたいになっててイスなども設置されており、一休みできるふううになってました。この大きな木は梅か桜?花の時期はさぞかし美しいやろうなあと。

 

しかし10月の現在はただの木やなぐらいの・・・。

 

 

 

あと竹も多かった。やっぱ日本庭園に竹はつきもんなんやろうな。

 

その竹で作られた?生垣も本当にいっぱいあって、それも種類が多い。たかが生垣やけど侮れないですよ。

 

 

 

そして個人的にはやはり鯉のおった池が素晴らしかった。

 

泳いでる鯉も美しかったけど、池が細長く園内にあってね。水が流れてるねん。水も割りと澄んでて手入れされてるんやなぁ言うのが分かります。

 

こういう一角なんか山の中の池みたいな風情。

 

 

 

でも、松花堂のすぐ横は大きな通りで車がブーブー走ってるのよ。

 

なんだか本当に世間から隔離された一角みたいな感じで、400円の価値はあるわ〜と今回実際に見てホンマ思いました。

 

八幡市の松花堂ってどないやねん?みたいに思ってる方にはおすすめしますわ。庭園とかお茶室とか錦鯉とか和の好きな方が行かれたら興味深い思います。

 

インスタ映えする場所も多いですわ。

 

因みに私の京都府八幡市のインスタがこれ→ mofuriko です。

 

今回の松花堂の別フォトなどもありますんで、良かったら見て下さい。

 

 

あとですね、松花堂庭園は本当に広いので時間の余裕を持って行かれるのをおすすめします。じっくりと見ようと思うと1時間ぐらいでは到底無理。美術館もついでになんて方はもっと時間が居るわ。

 

と言う訳で松花堂からお届けしているブルームボックスを見ていない方はこちらも、どうぞ。

 

 

 

 

 

そして松花堂のすぐ近くにある八角堂がこれです。ポツンとあるだけですが、最近塗り替えられたらしく見た目はとてもキレイ。インスタ映えもします。松花堂に行かれた際にはお立ち寄りを。

 

 

 

 

こちらは松花堂の近所の和気神社、見晴らしがよくて此処もおすすめのスポットです。八幡市に来られた方は行かれるのをおすすめします。

 

 

 

そして有名な石清水八幡宮がこちら。お年始の人の多さは他の比ではありません。

 

 

 

そして和気神社のすぐ近くにある交野天神社。ここは八幡市では無いのですが、本当に近くでしかも神社通さんからは隠れたパワースポットとして人気の場所。

 

その歴史も古く1500年以上です。

 

八幡市に来られた際は是非立ち寄られるのをおすすめします、本当に御利益もいただけます。

 

 

 

 

author:papinen (mofuriko), category:京都 神社仏閣, 14:29
comments(0), trackbacks(0), - -
京都府八幡市の和気神社 鳥居が可愛くて背の高い私はギリギリの感じでした足立寺史跡公園も楽しい

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

 

今日は京都府八幡市にある和気神社のご紹介です。動画内でも言ってますが、ここは我が家からチャリンコで10分もかからんとこです。しかも足立寺史跡公園なんてのもあって、ビックリ。

 

見晴らしも良いので、天気の良い日などには散歩がてらにお子さんと一緒に行かれたり、運動がてらにグルリと廻られるのもおすすめです。先ずは動画を。

 

 

 

 

でまあ、こちらのブログでもサクサクと補足しますと、先ずは入り口がどこやねん?みたいな感じなんですが、一番分かりやすいのは西山和気の交差点の坂を上る行き方かな思います。

 

和気神社に行ってしまえば、ああこっちからも降りれるわみたいな。

 

そんな和気神社は最近作られた言うか、新しい感ありありでピカピカです。でも、それだけにキレイにされてますわ。

 

そして一見の価値があるのは鳥居、あとで参道がコンクリートにされたせいかとても小さく感じましたが本殿と違って歴史をすごく感じます。しめ縄って言うのかな、それもボロボロでさらに古さを感じましたわ。

 

和気神社

 

 

個人的に面白いなと思ったのは神社の手を洗う場所ね、手水舎ってのかな?そこが水道がひかれててね。

 

まさしく水道の蛇口が見えるねん。

 

和気神社

 

 

いや、もうなんだかな・・・・みたいにも思いましたが、ご本殿は立派です。

 

和気神社

 

 

和気清麻呂公をお祭りされてるんで、狛犬もイノシシです。

 

ここでいろんな神社に行かれてる方は御所の横にある護王神社を思い出される思いますが、そうです。護王神社と同じ和気清麻呂公がご祭神です。

 

なんでも、ここは和気清麻呂公の生まれた場所にあたるそうで、栄転みたいな形で御所のほうに行かれたみたいです。そんな和気清麻呂は足腰の神様ってことで、護王神社のほうへ行きますともうお年寄りがいっぱいで、観光バスも何台も横付けされ本当にすごい。

 

その理由は何でも足を切られた和気清麻呂公がイノシシに出会い足が癒えたと。

 

なので足腰に神様、足腰の悪い年寄りいっぱい、そして狛犬は必ずイノシシ。

 

御所のほうは人でいっぱいやけど、こちらは本当に静かでほとんど人も居ないのでゆっくりと参拝できます、そして勿論ご利益もあります。

 

なぜならば、行ってる時にお天気やのに雨振ってきたし、家に帰ってきたら嬉しい事もあった。民家の中にありながら壊されずに残ってる、それこそ神パワーがあるからよ。新しい本殿も神様は喜んでるんやろうなぁ思いました。

 

そしてお参りの人がもっと沢山来たら神様はもっと喜んでくれる、思いました。なので近くへ行った際などは是非行かれて下さい。

 

和気神社

 

 

すぐ前にある足立寺史跡公園も広くて見晴らしがええです。

 

ベンチも置いてあるから休憩も出来るし木もいっぱいあるから自然も楽しめる、そして見晴らしがええです。くずはが一望できます。ちょっとエエ感じやねん。

 

そして神社大好きの方には、ここから歩いて10分ほどのところに交野天神社に行けます。

 

そちらも鬱蒼とした森の中にある神社なんですが、知る人ぞ知る超スピリチュアルパワーのある神社です。ご利益もすごいですわ。

 

こちらが交野天神社の動画です、最後のほうに上からコトン言うて何か?落ちてきてる映像あります。どうぞ神パワーを感じて下さい。

 

 

 

 

 

そして関連動画として八幡市の飛行神社も。

 

ここは「飛」のお守りがカッコいいのよ。

 

 

 

 

 

 

 

author:papinen (mofuriko), category:京都 神社仏閣, 16:04
comments(0), trackbacks(0), - -
京都の隠れたパワースポット御利益満載の白雲神社(御所の弁天さん)

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

今日は初巳の日にちなんで京都は御所の弁天さん、白雲神社のご紹介です。

 

御所白雲 (76).JPG

 

 

11月に出町の弁天さん妙音堂(清龍妙音弁財天)に行きまして、物凄いご利益をいただきました。ビックリするぐらい良い事ありまして本当にご利益ってあるんだ〜と実感した私です。弁財天って本当に凄いパワーを持ってるんやなあと。

 

そこで他に弁財天を祀られてる神社がないんかい?と調べましたら、あるやん。

 

それも出町の妙音堂のすぐ近く、御所の中。

 

御所言うたら何回も行ってるけど、あんなとこに神社があるとは知らなんだ。それも3つもあるねんか。知らんかったわ〜。兎にも角にも行ってみようとなり、早速行きました。

 

御所に行った事の無い方はご存じない思いますが、もう御所ってのは本当に広すぎる場所でね。神社も全くどこにあるか分からん、なので御所内地図で場所をチェックしながら行った言う感じです。

 

そしたら、いきなり結婚式。

 

yukio1218 002.JPG

 

 

さすがは御所。

 

どんどん行くとまた結婚式の写真を撮ってはる。

 

yukio1218 004.JPG

 

幸せのおすそ分けいただきました、ありがとうございます。

 

そして、さらに進むと見えてきました白雲神社です。どんつきにあるのが入り口です。それにしても御所って広いでしょ?

 

yukio1218 010.JPG

 

 

おお入り口と思って入ったら、

 

yukio1218 013.JPG

 

 

こっちにもちゃんとした入り口があった。

 

とても立派よねえ。良い感じ。

 

yukio1218 015.JPG

 

 

先ずは、何を言うても手を清めてお参りせねばばりません、手を洗おうと思ったら椿の花が浮かべられておりました、なんて素敵。さすがは女性の神様を祀られてるだけの事はある。

 

お参りして、境内をいろいろ散策させていただきましたが、弁財天と言うと白蛇なので至るところに白蛇が居られます。

 

そして本殿の裏には薬師石と言うパワーストーンもあり。

 

御所白雲 (53).JPG

 

 

この石をさすって、自分の身体の悪いところをなでると病気が平癒するような事が書かれてました。このパワーストーンは素晴らしくパワーを持ってるそうで、ご利益をいただけるようにと私もさすって来ました。

 

そんなパワーストーンの柵の向こう側では写真家の方が野鳥を撮ってられました。こういうとこも御所らしい。

 

そして、ご朱印は弁財天を祀られてるので琵琶が。楽器のご朱印ってのは個人的にとても嬉しいです、そして絵馬も弁財天様や遣いの白蛇が描かれてて良い感じ。もう至るところに弁財天と白蛇やな、みたいな。

 

そんな白雲神社のご祭神はイチキシマヒメ様。

 

同じ弁財天を祀られてる出町の妙音堂は弁財天とあるだけで、イチキシマヒメ様のお名前は無かった。同じ弁財天を祀ってる神社でもビミョーに違うんやな、みたいな。

 

そういや市比賣神社のご祭神がイチキシマヒメ様やと思い出した。市比賣神社も実は私、物凄くご利益をいただいたのです。ほう〜私は弁財天とイチキシマヒメ様と相性がええのかもしれん、そんな事を思いました。

 

と言う訳で、京都は御所の弁天さん 白雲神社の動画です。どうぞ興味の出た方はのぞかれてみて下さい。

 

 

そして私は今から、初巳の日と言うことで弁天様に初詣も兼ねてお参りにまいります。巳の日に弁財天にお参りすると願いを白蛇が届けて下さるのでね。何か特別な事がありましたら、またブログでお知らせしたい思います。

 

そして巳の日はお財布を買うのにもとても良い日と言う事で載せておきます。実は私も次回の己巳の日にお財布を買おうと検討中であります。

 

開運「白蛇財布」

 

 

そして、こちらは開運カレンダーです。どうぞご参考になさって下さい。

 

 

 

 

author:papinen (mofuriko), category:京都 神社仏閣, 08:00
comments(0), trackbacks(0), - -
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...