bijin
RSS | ATOM | SEARCH
卵の薄皮とアルコールで卵殻膜エキスを抽出してみる
JUGEMテーマ:無添加スキンケア

今日は卵の薄皮とアルコールで卵殻膜エキスを抽出する方法をご紹介します。

卵殻膜


まずは2日ほどお休みをしてしまいました。

スミマセン・・・。

別に病気とかではなくて、たんに休んでただけと言うか、

チャリンコで近所の和菓子屋めぐりなんかをしてました。

毎日パソコンでお仕事をしているので、ちょっと気分が変わって良かったです。


で、今日は卵の薄皮から卵殻膜を抽出する方法のご紹介です。

前回の記事 美白サプリのホワイテックスを飲んでいますで、

卵殻膜にはアンチエイジング効果だけでなく美白効果もあると分かり、

美白化粧水が作れるやないかと思った私は、

早速近所の酒屋で40度のアルコールを購入して来ました。

卵殻膜2


手作り化粧品の本なんかによると、

抽出には40度以上のウォッカが良いと書いてあるんで、

あえてホワイトリカーでは無くウォッカを買ってみました。

これで1000円ぐらいやった。


ちなみにこの卵殻膜ってのは、水では抽出できん。

となると、他の抽出方法は、アルコール、油、酢のどれかになる訳です。

まあ化粧水にするんやったらアルコールが一番使いやすいやろな〜

と思ったんで、わざわざウォッカを買ってきたわけです。


で、卵殻膜の抽出方法です。

材料

卵の薄皮   10個〜30個分ぐらい
40度以上のウォッカ  適量


作り方

まずは卵の薄皮を集めて乾燥させておきます。

卵の殻は水につけて一晩ぐらい放置しときます。

すると翌日はけっこうキレイに卵の殻からはがれます。

ほんで、それを乾燥させます。

乾燥させたものが、これ。

卵殻膜4


たぶん、これで30個分ぐらい。

でも一度にこれだけの量は集められないので、

容器なんかに入れて、少しづつためておくと良いです。

卵殻膜3


あとは、この容器の薄皮がひたるぐらいに、

40度のウォッカを入れるだけ。

卵殻膜5


入れたら、こんな感じになった。

卵殻膜6


あとは、このまま1〜2週間放置するだけ。

で、卵殻膜が抽出出来たら、このエキスを使って化粧水を作るわけです。


では、エキスが抽出出来た頃に、卵殻膜美白化粧水を作ってみたいと思います。

また、こちらのブログでご紹介しますね。

興味のある方は、またのぞきにきてやって下さい。



2012年2月13日追記
手作りの化粧水ってアルコールに漬け込んでと、けっこう大変でしょ?時間がけっこうかかるんでね、思い立ってすぐに作れるってもんやないです。

でも、手っ取り早く手作りの化粧水を試してみたい、って方にはフルフリさんがおすすめです。

フルフリさんは保湿成分、植物成分、を混ぜるだけで簡単に作れる化粧水のキットを売ってはるんですよ。

しかも、その化粧水の質がええ。

私も使った事あるんすがね、化粧水だけで十分ってぐらいの保湿力。

まあね入れる植物エキスの量がハンパないですからね。

当然と言えば当然なんすけどね。

お値段はちょっと高めですが、質の良い手作り化粧水を試す事が出来ます。フルフリの化粧水に興味の出た方は、こちらからのぞいてみて下さい。

手作り卵殻膜化粧水のその後 使用感と効果
卵の薄皮パックで小じわ解消
卵殻膜、ミント、ローズマリーを使った手作り育毛リンスの作り方レシピ



卵殻膜コスメ
卵殻膜配合化粧品アルマード ラディーナを使ってみました
卵殻膜配合のホワイテックスを飲んでますよ
卵殻膜配合のホワイテックスを2週間飲んだ感想



手作り化粧水関連記事
手作り黒酢化粧水
手作りハチミツ化粧水
手作りプラセンタ化粧水
手作りゴーヤ化粧水
手作りヒマラヤ岩塩化粧水
手作りハトムギ化粧水
手作りローズの化粧水
手作り卵殻膜化粧水
手作りトレハロースの化粧水
手作りEGF化粧水
手作り日本酒ローション
手作り緑茶化粧水
手作りラベンダーとゼラニウムの化粧水
手作りDMAEとMSMの化粧水



2012年1月15日追記
こちらの無添加コスメ考察は、成分的に見ても優秀な無添加コスメを紹介しています。

こちらもあわせて参考になさって下さい。(まだ途中の部分もあるんやけど、まだまだ増えるんで宜しくお願いします。)

無添加コスメ考察





今日のリンク
卵殻膜化粧品
author:ぱぴねん, category:手作り化粧品 化粧水, 13:48
comments(4), trackbacks(0), - -
Comment
miscellaneousさん
コメント遅くなって申し訳ございません。

私は特に洗わなかったですが、気になられるのであれば、洗っても良いと思います。
卵殻膜自体は水には溶けない成分ですから、水で洗う事で成分が溶けてしまうと言う事はないですしね。

水につけるのは薄皮をとりやすくするためですし、あまりにも卵の殻が汚れてたら、洗ったほうがいいだろうし、そのヘンは臨機応変に考えていただければと思います。

なんか、あんまり参考にならない返答ですいません。
ぱぴねん, 2017/11/08 3:28 PM
はじめまして!とても参考になりました。卵は水に漬ける前に洗った方がいいでしようか?特にアレルギーはないのですが。卵白は洗い流した方がいいのかなと気になってしまって…よろしかったら教えて下さい❕
miscellaneous, 2017/11/07 6:42 PM
mimiさん
こんにちは〜♪
抽出方法はいろいろあるのでアルマードさんは特許の抽出方法なんでしょうね〜。家庭でやる場合は梅酒みたいなもんでアルコールに浸しておくと良いわけです。

しかしアルコールだと抽出は出来ても、どうしても刺激が強くなるので、そのまま使うのはちょっと・・。ましてやお肌の敏感な方の場合は余計にね。

なので薄めて使ったりするのです。またシミなどの場合はピンポイントで原液使用も出来るのでは?と考えています。

いずれにしても、使用感や使い方などいろいろ試して、またブログのほうで紹介いたしますね。
ぱぴねん, 2010/12/10 1:37 PM
ぱぴねんさんへ
こんにちわ(*^^)v先ほどコメントありがとうございました♪あ〜良かったぁ!お休みは、色々散策だったんですね(笑)目先を変えてみるのもGOOですよね!(^^)!
この記事、すごい興味ありますワタシ(^O^)/
卵殻膜は、お肌に良いとされる成分の宝庫だそうですよね?実はQVCチャンネルという24時間通販番組で
「アルマード化粧品」がスーパーオーディーなるものを独占販売してまして、1回ほど3ケセットを購入したことあるんですよ〜
でも、3ケ使ったぐらいでは、正直変化がわからなかったんですよね?
抽出はメーカーの特許だと、女性社長さんが話してました!
それが家庭で抽出できるんですか!?
目からウロコですよ($・・)/
mimi(aicce797), 2010/12/09 2:57 PM









Trackback
url: http://bijin.uranaie.com/trackback/1311936
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...