bijin
RSS | ATOM | SEARCH
夏におすすめ殺菌効果もあるミョウバン水の作り方 脇汗のニオイも気にならない
JUGEMテーマ:ボディケア

毎年、人気のミョウバン水の作り方です。

今日は、ミョウバン水のご紹介です。過去記事引用なんですが、とてもこれ安くて良く、夏場にピッタリ、知ってると得すらすると私は思います。ミョウバンを水に溶かすだけでデオドラント効果、殺菌効果が得られるんで是非、お試しをと思います。また、お風呂に入れるとお湯が汚れにくくなるし、入浴後のお肌も最高であります。

まずは、この記事のために動画を撮りましたんで、手っ取り早くミョウバン水について知りたい方は、こちらをどうぞ。




このまま、さらに詳しい詳細を知りたい方は、こちらの記事を、どうぞ。

  ↓

今日はミョウバン水の作り方のご紹介です。
 

ミョウバン水2



えーと、この間のグロッシーボックスの中にミョウバンを使ったデオドラントが入ってました。えーとミョウバンスプレー5mlにミョウバン石けんが20gで1250円。

何と言うか、ミョウバンなんぞスーパーで100円ぐらいで手に入るのに、1250円は高いやろ?

まあ、れっきとした商品なんでね・・・・それにミョウバンだけでなくエタノールとかも入って、より効きそうな感じはしますがね。

それでも、ちょっと高いわな。

そこで今日ご紹介するのは、スーパーなどで売っているミョウバンを使ったミョウバン水の作り方です。

このミョウバンってのは、かなり古くからヨーロッパや日本でデオドラントとして使用されていたそうで、そのデオドラントに関してのメカニズムはいまいちハッキリとは分かってないらしいんですが、

まあ軽く説明しますと、

ミョウバンは水に溶けると酸性になるそうです。

ニオイと言うのは、皮膚表面の雑菌が汗の成分を分解する事で発生。しかし皮膚が酸性であれば雑菌の繁殖が抑制。結果ニオイが抑制。つまり、ここで酸性であるミョウバンが威力を発揮するんですな。制菌作用だけでなく、超強力な殺菌作用もあるそうです。

そして制汗作用もあるそうです。汗を抑える事が出来れば当然ニオイもしないと。

最後に皮膚で作られたニオイそのものも消臭する作用があるそうです。ミョウバンにはさまざまな金属が含まれているので酸化還元反応による金属消臭が行われたり、ニオイ成分の中和による消臭もあるそうです。

上記3つの理由でミョウバンにはどうやらデオドラント効果があるようです。


では、早速ミョウバン水の作り方です。

まずはレシピから、いきます。

ミョウバン  10g
水道水   300ml
空のペットボトル


ミョウバン水




では、作っていきます。

まずは、ミョウバンを10g量ります。

ミョウバン水3



あーこのミョウバンは漬物の色止めやれんこん、ゴボウのあく抜きに使う、つまり食品にも使うものなので、そんなに神経質になる事もないです。

で、10gのミョウバンを量ったら、空のペットボトルに入れます。

ミョウバン水4


これも空のペットボトルを使用してますが、容器はどんなものでもかまいません。


で、ミョウバンを入れたら、水道水300mlを入れます。(水道水でかまいません。)

ミョウバン水5



しかし水道水を入れてもミョウバンはすぐには溶けません。



こんな感じで水に浮きます。

ミョウバン水6



なぜなんでしょうか?

で、これ不思議なんすが、熱湯を注ぐとミョウバンはすぐに溶ける。なので急いでる方は、熱湯を注いでください。しかしペットボトルに熱湯を入れますとペットボトルがチュウーと縮んでしまうので、熱に強い容器でやって下さい。

急いでいない場合は、このまま2日ほど放置しますと、溶けます。

必ず溶けます。

いちおう1日経ったのを載せますと、これ。

ミョウバン水7



1日でも、かなり溶けてる。

ミョウバン水8



この状態でも使えん事はないのですが、完全に溶けるまでもう1日放置します。


完全にミョウバンが溶けたらミョウバン水の出来上がりです。

使い方は、ペットボトルのキャップ10杯程度をお風呂に入れますと、お湯が汚れにくくなり入浴後のお肌もさらさらになります。汗の気になる場所にスプレーしたり、タオルで絞って汗の気になる場所をふいたり、しますとニオイが全く気にならなくなります。

特に夏場のお風呂には最高ですサッパリします。また殺菌効果があるので、夏場のあせもやしっしんにお薦めです。


ミョウバンについて

ミョウバンはスーパーに売ってる焼きミョウバンでOKです。

これね。

ミョウバン水2


お値段は100円ぐらいで、漬物売り場のあたりに、たいがい置かれています。一度、漬物売り場で探されてみて下さい。

 

author:ぱぴねん, category:手作り衛生, 15:58
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
紫陽花さん

こんにちはコメント遅くなってすみません。
精油を入れる場合は、薄めたミョウバン水に入れて下さい。ハッカ油入れてもOKと思います。

保存に関しては、私は常温保存です。まあ早く使いますからね。長く置いておく場合は、冷蔵庫での保存がおすすめかと思います。
ぱぴねん, 2013/07/31 10:10 AM
ミョウバン水(原液・うすめ液)は常温保存で大丈夫ですか?ハッカ油を混ぜても大丈夫でしょうか?何にも分からないもので…すみません。
紫陽花, 2013/07/07 11:49 AM









Trackback
url: http://bijin.uranaie.com/trackback/1312507
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...