bijin
RSS | ATOM | SEARCH
アルケミーのトライアル1000円です

JUGEMテーマ:気になるコスメ


今日はアルケミーの化粧水、ハイドロリフレックス ローションのご紹介です。えと、これが現品ね。アルケミーさんからいただきましたモニター商品になります。そしてトライアルは現在1000円です。お買い得となっております。

yukio0823 003.JPG


もう兎に角、アルケミーは十分知っているから、トライアルを早く1000円で試したいって方はこちらから、どうぞ。

「アルケミー(alchemy)」トライアルセット



で、ここからは今日の記事ね。

皆さん、暑いですな。本当に暑いですな・・。

特に私は、あんまりクーラーが好きでなく・・・・クーラーつけるとシンドくなるねんやんか?せやから日中はまあしゃーないからつけるんやけど、夕方以降つまり陽が翳ったらクーラーは消します。

するとだな、途端に汗が出て・・・でも、まあ暑いんやけど、身体はまだラクかな〜みたいな。

そんな夏のスキンケアははっきり言って私、ほとんど出来ません。もう、だってやな何を塗ってもつけてもベタベタするし、汗で流れて痒くなるし。それに私、スキンケアよりインナーケアの方がエイジングには効果ある思ってるし。

そうやん、そんなふうに思っててだな、自撮り写真をこの間見たらやビックリしたわ。なんか肌が汚い、ってか荒れてる?アレルギーみたいな赤味もあるし・・。やっぱ、全くスキンケアをせんってのはアカンな。つくづく思いましたわ。


yukio0823 005.JPG


そこでアルケミーをコットンに浸して早速コットンパック。コットンは何にでも使えるからな、こういう時に常備してると非常に便利であります。そしたら、やっぱちゃうねん。コットンパック後のお肌はやっぱり水分を含んで柔らかくなって、しぼんだ肌がちょっとマシになったかな?みたいな感じになります。

市販のマスクもええんやけど、アルケミーってのはベタベタせんからね。化粧水のテクスチャーも私好みの水のようなシャバシャバタイプで、ハンドプレスでつけても決して重くならず、何回も重ねづけが出来ると言う非常に優秀なヤツなのです。しかも決して痒くならない。

この痒くならないってのはアレルギー持ちにはポイントですわ。パックってのはやっぱちょっと長めにしたいやん?けど痒みが出たらもう出来んからね。しかもひどいヤツはパック後ですら痒いから。(顔を洗わなアカン場合もある)


yukio0823 006.JPG


でも、アルケミーの化粧水で作ったお手製コットンマスクは不思議と大丈夫で。

理由はシンプルなこの化粧水の成分にあるんかな〜思います。上の成分を見ていただくと分かるんですが、すんごいシンプルやろ?水にアルケミーのメイン成分である酵母発酵エキスを入れて、あとは保湿成分、防腐剤とか。

ここでアルケミーのメイン成分である酵母発酵エキスのベガルについてサクっと説明しますと、ようは発酵成分のことよ。いろんな植物を主原料に発酵させた植物由来の発酵エキス。

そんな発酵エキスを化粧品にインするとどうなるんか?言うと、発酵させる事で美容成分が増えるんでね、特にアルケミーみたいな植物由来の独自発酵成分やったらさらに陪乗ですわ(植物ってのはかけあわせる事でプラスにもマイナスにもなるんでね。)また、そういう発酵させた成分は分子が小さいから浸透もします。

それに植物発酵成分自体が自然なもんやんか?

せやから、パックとして使っても痒みも出ずに使えるんや思います。

yukio0823 008.JPG


また、アルケミーの化粧水でコットンマスクをしますと、長時間マスク出来るんでお肌が水分を含んで柔らかくなります、結果角質が取れやすくなる。そうやん、夏場なスキンケアせえへんかったら肌自体も固くなってだな角質もめっちゃ分厚くなっていきよるねん。

皆さん、夏場こそスキンケアは手抜いたらあかんと、つくづく思いますわ。

でもな、暑いからなかなか難しいわな、そこで今日は簡単に出来るコットンマスクの方法をご紹介いたします。

yukio0823 010.JPG


以前にアルケミーの化粧水で作るマスクをご紹介したんですが、コスパが悪いんですよ。それに100均でシートマスクを購入して作らんならんと言う手間もあります。(ご指摘いただきまして・・・・)

でもコットンパックやったら、いつでも手軽に出来ます。まあ、つまり思い立ったら出来るんでね、どうぞ参考になさってください。

えと、使うのは普通の市販のコットンです。綿100パーセントを使って下さい、特にアレルギー持ってて痒みが出るって方ね素材には注意して。あと、私は化粧品会社Kのコットンが好きでリピしておるんですが、ちょっと小さいんでね。大きいコットンやったら化粧品会社Sです。


yukio0823 012.JPG


でな、このコットンにいきなりアルケミーの化粧水を含ませてはあきません。まずは、精製水もしくはローズウォーターを含ませて軽く絞ります。

こんな感じね。

yukio0823 014.JPG


ほんでからアルケミーの化粧水をしみ込ませます。この方法でやりますと、コスパもええです。

この茶色いのがアルケミーの化粧水の色です。色が茶色いのは発酵成分の色です。(これね1年ほど前にリニューアルしまして、色がさらに濃くなったんですよ、つまりリニューアルで酵母発酵エキスが増量された、ええ事ですわ)

yukio0823 017.JPG


あとは適当にさいて、顔に貼り付けるだけです。

こんな感じにゃ。

yukio0823 021.JPG


ちなみに、これは今朝の私の写真であります。(そして女です、男ではありません)

これでコットンは2枚使用、もう1枚使って鼻と額もしようかと思いましたが、まあいいっかで止めました。でまあ、このまま貼り付けて掃除やらいろいろと。水分が無くなってきたら、上から水分を足してやりますと、まだまだいけますさかいに。

ただ、やりすぎますと、へんなコットンの後が残りますから、そのへんは気をつけて下さい。そして、コットンパック後に軽くクリームまたは美容液をつけてやりますと、お肌はかなり復活いたしますから。

yukio0823 018.JPG


化粧水ってのはほんまに、なかなかエエのがありません。マスクもそうやけど・・・特にアレルギー持ってたら、へんな痒みが出て困ります。また私みたいにベタつくのがイヤ、トロミのテクスチャーもイヤ。でもお肌には攻めのケアを希望なんて言うてたら、あらしません。

逆に成分のええのを使うと、へんな角質が溜まって困る場合も出てきます。ほんまに化粧水は難しいです。

でも、アルケミーの化粧水は素晴らしいです、成分良く、私好みの水のテクスチャー、ベタベタなんか一切なし、それでいて攻めのケアも出来る、へんな角質も溜まらずにちゃんと浸透するし。

そしてマスクやコットンパックに使用しても痒みも出ない。

私のように成分良く、そして水みたいなテクスチャーの化粧水が好きって方には本当におすすめします。ほんまに使って欲しいですわ。まじにエエもん。

yukio0823 007.JPG


お値段も高いように思いますが、某化粧品会社の発酵化粧品に比べたら、んなもん超リーズナブル値段。あんな高いの使うんやったら、断然こっちやで、と私は思います。

ただ、やっぱ化粧品だけにいきなりの現品は抵抗がありますわな。

そういう方のためにトライアル言うもんがあります。トライアルは送料無料の5点セット1000円税抜き価格。くそいポーチなんか付いてないんで、それだけにスキンケアに重点を置いたトライアルです。(因みに私は個人的に洗顔と美容液、クリームも大好きです)是非、使っていただきたい。

発酵化粧品をラインで使えるのもポイントです。そして、じっくりと使ってお肌に訊いてみて下さい。

どうぞ興味の出た方は、こちらからのぞかれてみて下さい。通常は1500円なんでね、1000円で買えるのはかなりお得です。

「アルケミー(alchemy)」トライアルセット



ほんで、こちらが動画になります。詳しい詳細をご存じない方、興味の出た方のぞかれてみて下さい。






 
author:ぱぴねん, category:アルケミー, 17:13
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://bijin.uranaie.com/trackback/1312965
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...