bijin
RSS | ATOM | SEARCH
ガーベラ、ラナンキュラスとチューリップを活ける 青山フラワーマーケット

JUGEMテーマ:花のある暮らし

 

 

今日はガーベラ、ラナンキュラス、チューリップの活け方のご紹介です。

 

yukio0109 048.JPG

 

 

先日、青山フラワーマーケットに行きますと春の花であふれておりまして、正月も終わったら一斉に春の花やなあとつくづく。

 

もう本当に季節の移り変わりは早いよねぇ。

 

でまあ何を買うか?かなり悩んだんですが、やはり春らしい花でまとめようと思いまして、リーズナブル価格のチューリップ270円1本とラナンキュラスを2本、そして170円のガーベラ2本購入。色も春らしくいろんな色のを選んだつもりです。

 

消費税込みで1242円となりました。

 

それが、これ。

 

yukio0109 037.JPG

 

 

全体的に小さめなので、ちょっとリーズナブル価格だったんだと思います。

 

で、どのように活けるか?考えたんですが、やはりそこは春の花らしく束ねて花瓶に生けようと考えました。その方が華やかで春らしいと思ったからです。

 

では、まとめていきます。

 

先ずはガーベラから、花びらが剣みたいに細く尖ってて、なかなか珍しい。

 

yukio0109 041.JPG

 

 

ラナンキュラスもあわせます。

 

yukio0109 042.JPG

 

 

さらにラナンキュラス。

 

yukio0109 044.JPG

 

 

そしてチューリップ。

 

同じようなオレンジでも、ビミョーに色が違うのであわせるととても華やか。

 

yukio0109 045.JPG

 

 

あとは花瓶の大きさにあわせて茎を切り、

 

yukio0109 047.JPG

 

 

花瓶に活けて出来上がり。

 

yukio0109 049.JPG

 

 

余ったチューリップの葉や我が家にあるツタなどもあわせますと、さらに良い感じになりました。

 

暖房のついてる部屋だとすぐに花が枯れてしまうので、出来れば寒い場所に置き、毎日水を換えながら痛んだ茎を切り戻してやりますと、この時期はとても持ちが良くなります。

 

ちょっとした事ですが、やっぱ手をかけてやると長持ちします。

 

そして、自分の手元に置いて楽しむのもまたええです。私はいつも自分の手元に花を持ってきて楽しんでます、花の楽しみ方は本当にさまざま。どうぞ皆さんもお花をもっと楽しまれてみて下さい。

 

 

author:papinen (mofuriko), category:フラワーアレンジメント, 17:35
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://bijin.uranaie.com/trackback/1313291
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...